Top

ONといいます。毎日いろいろ。
by onon37
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
はじめまして
災害対策
マイニチ
ハンドメイド・おとな
ハンドメイド・こども
ハンドメイド・その他
手作りをはじめたい方に
カメラ
こども
せっけん・コスメ

ガーデニング
好きなもの
おやつ
布ナプ
北海道旅行
卵巣
マタニティダイアリー
twitter
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
more...
お気に入りブログ
Reikapi 日記
カメラ日和編集部日記 “...
another polk...
なんちゃってBackPa...
*panda no jam*
my memo*
day by day。
そらまめ
tick-tack
ハリコビト ヌノコイビト
PONTA*Diary
growing
joli faire
bonheur-voile
buncafe
心模様
rollのまめつぶ
ca-cha+α ~Co...
au soleil -ソ...
徒然うさぎ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
【方言考】
私は元・道産子の現・静岡人です。
オットは北海道生まれの東京両親育ち(外では道産子、家では東京)。
なので我が家は北海道弁、東京ことば、静岡弁が入り混じっています。

10年くらい前にここに引っ越してきた時、
ご近所の人の言葉が聞き取れなくてほんとに焦りました。
しばらくしてご近所の人とは話せるようになったけど、
隣の港町の人と話すと、冗談じゃなく半分くらいしかわからない!
港ことばって、早口でただでさえ聞き取りにくいのになまりもきついんですね。
ほんとに、もうほとんど語尾しか聞き取れないみたいな状態が何年か続きました。

それから山の方へいくとまたわからない。
山の方のおばあちゃんたちと話すと、

「いやー今日は天気もいいでハァ、気持ちええら?」
(今日は天気もいいし、気持ちいいでしょ?)

なんて言われるんですが(でもちょっとあやしいかも)、

え、なんですかその「ハァ」って!

とかなり悩みました。
なんだか『まんが日本昔話』に出てくるおばあちゃんみたい!
と楽しい反面、「ハァ」が気になってしかたない。
なんだかわからないけど、語尾になんとなく「ハァ」ってつくんですよね。

若い人たちに「ねーあのハァってどういう意味?」と聞いても、
「え、そんなこと言ってる?」
と気にもされていない様子。

ぐああーどうしてもわからないこのストレス!
と思いつつ何年か経ち、なんとなくニュアンスがわかるようになって
「ハァ」にも柔軟に対応できるようになりましたが。
結局なんてことない、相槌のようなもの?らしいです。

この前は、スーパーで大量に買い物して袋に詰めていた時、

「いやーたくさん買ってぇ、これでいくにん?」

とどこかのおじちゃんに聞かれて久しぶりにちょっと考えました。
「何人分?」と聞かれてるんですが、
こちらでは「今日はいくんち?(何日?)」とか、
「いくじに行けばいい?(何時に)」とかいう方もいます。
「幾人」「幾日」「幾時」ですよね。おもしろいなあ。


そして家の中では、子どもも混乱するかと思ってあまり北海道弁はでないように
一応気をつけているんですが、
(もともとそんなになまりはきつくないと思いますが)
この前久しぶりに出てしまった北海道弁。

「だーかーらー、手袋はきなさいって言ってるでしょ!」

「だはー!何それー!!手袋はくのー!!?」

・・・子どもたち大爆笑です。

いやいやいや、北海道では手袋は「はく」んだってば!

と言うとまた爆笑。
ええーじゃあ靴下は?帽子は?と質問の嵐。
帽子はかぶるけどさー、靴下も手袋も、北海道では履くんだよう!
いえほんとです。

あと子どもたちに受けたのは「ゴミをなげる」。
東北の方もそうなのかな?
「今日ゴミの日だからゴミなげ行ってきてー」とか言われます。

「ゴミ投げんの!?ぽーんって!?ぎゃはー!」

とまたバカにされましたが。いいんです。

そんな中、オットはほとんど北海道弁を使いません。
産まれも育ちも北海道なのに。
(わざと「おおーなまらじょっぴんかるー!(使い方違う)」とか言ったりしますが。
 ちなみになまらは「すごく・とても」、じょっぴんかるは「鍵をかける」です)
両親が東京生まれの東京育ちなので、
生粋の道産子からするとなんとも上品です。
(最近はかなり静岡弁も話しますが)

私が「ちょっとーお味噌汁早く飲みなさいよー」などと叫んでいると、
「おみおつけ飲むと体があったまるよ~」
なんてのんびり言ってたりします。

おみおつけー!

と最初はびっくりしましたが、オット家では普通らしい。
てっきり文語的もしくは古語的(女房言葉とか)なものかと思ってたので、
実際使われてるのを初めて聞いた時はかなりびっくりでした。
おみおつけってあれっすよね、「御御御付」って書くんすよね!?
と突っ込んだら、「えー知らない」と返されましたが。

そして子どもたちは静岡弁。
「ちがうら?」とか「そうだら~」とか、がんがん使っていておもしろいです。
(この辺では語尾に「ら」とか「だら」がつきます)
ほんと子どもの順応力はたくましい。
かくいう私も、最近は「~じゃんね」とか使うようになりました。
これなんとなくかわいいんです。

あとこの前オット実家へ行ったら、宮崎へ引っ越した甥っ子くんが
もうすっかり薩摩弁を話していてびっくり。
なんかこう、アクセントの上がり下がりが東北弁ぽくておもしろかったです。
方言、好きなんですよねー。
「日本語であそぼ」の方言コーナーとかつい見ちゃいます。

にしても関西の人って、実は標準語話すのうまくないですか?
聞かないと関西出身って気づかない人多いです。
関西の方はみんなどこでも関西弁なのかと思ってたら違うんですねぇ。
[PR]
Top▲ | by onon37 | 2010-02-10 12:41 | マイニチ
<< 【当たり前のような幸せ】 | ページトップ | 【子どもの想像力】 >>