Top

ONといいます。毎日いろいろ。
by onon37
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
はじめまして
災害対策
マイニチ
ハンドメイド・おとな
ハンドメイド・こども
ハンドメイド・その他
手作りをはじめたい方に
カメラ
こども
せっけん・コスメ

ガーデニング
好きなもの
おやつ
布ナプ
北海道旅行
卵巣
マタニティダイアリー
twitter
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
more...
お気に入りブログ
Reikapi 日記
カメラ日和編集部日記 “...
another polk...
なんちゃってBackPa...
*panda no jam*
my memo*
day by day。
そらまめ
tick-tack
ハリコビト ヌノコイビト
PONTA*Diary
growing
joli faire
bonheur-voile
buncafe
心模様
rollのまめつぶ
ca-cha+α ~Co...
au soleil -ソ...
徒然うさぎ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:こども( 47 )
Top▲ |
【ふじちゃん】
f0021294_818226.jpg



ちゅー、のおくちが富士山。
だいすき。




コメント、拍手、ありがとうございます。励みになってます!

[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-02-23 08:21 | こども
【成長】
f0021294_11573358.jpg


先週末、1号の野球のお茶当番だったので1日練習にお付き合いしました。

そんなに寒くはない日だったけど、2~4号も1日外で遊ばせていたのでやっぱりみんなお疲れでした。
(オットは出張だったのでいなかったのです)
でもじっくり1号の様子や練習の様子を見ることができてよかったです。
やっぱりずいぶん成長してるのがわかったし、
こういう練習してるんだなとか、1号はこういうところがまだまだなんだなとか、
ふむふむと思いながら、お茶仕事の合間に写真を撮ったりしてなかなかおもしろかったです。

あと1年。
はじめるのが遅くなっちゃったのでどうしても同学年の子より遅れをとってるけど、
成長具合は負けてない!と思うので、親子でがんばっていきたいなと思います。
もうすぐ試合もはじまるし、がんばろうー。

+++

よかったですねー、とまたコメントいろいろありがとうございました。
はじめての方もコメントいただいてうれしかったです。

なんかいい年してこんなことで悩んで…とちょっと恥ずかしかったし、
汚い気持ちを見せるようで、記事を見直してうわわーと思いましたが、
力いっぱい元気なコメントや優しいコメント、いろいろ書いていただいてうれしくて、
おっしゃ!と気合入りました。
1歩踏み出して声掛けるって、勇気がいるけどやっぱり大事なことですね。




[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-02-15 12:14 | こども
【1号休み】
f0021294_8451563.jpg


昨日1号が久しぶりに学校を休みました。

高熱が出るとかではなくて、頭が痛くて気持ちが悪い、というくらいだったのですが、
インフルエンザも流行ってるし野球でも休みの子が増えているので
ちょっと大事を取って、という感じです。
ここのところ平日土日関係なく毎日野球の練習があるので、疲れもあるのかなと思って。

で、「どんなふうに具合悪いの?」と聞いた時の1号の答え方がおもしろくて。



「僕的にって感じなんだけど、水がたくさん入ったバケツを持って歩いてて、」

「えええバケツ!?」

「うん、それで歩いてて止まった時のたぷんってなる時みたいに変な感じがするんだよね」

「……………頭がくらくらするってこと?」

「ああそうかも!」



『僕的にって感じなんだけど』という言葉づかいも今どきだなーと思いますが、
歩いた時にくらくらする感じを、
バケツに入った水を持って歩いて止まった時のたぷん感に例えるというのにびっくり。
正直わかるようなわからないようなその感覚。


実はオットがわりとこういうこと言う人で、

「川を流れてる水がさー、もうすぐ滝だって気づいたらきっと、

『あ、あ、あ、滝だぁぁ、もうすぐ来るぞー来るぞー来たぁぁうあぁぁぁぁ!』

って思ってると思うんだよね、そう思わない?」

とさらりと聞かれたりすることがあって
(この『水の気持ち』の他にも葉っぱの気持ちや光の気持ちなどバリエーションあり)、
友だちにその話をしたらすっかり「ポエマーT氏」と呼ばれていたのですが、
ああこんなとこ遺伝してるんだろうか。

と思っていたら、1号も自分でそう思ったらしく、
「ぼくって…お父さんに似てるね」
とぽつりと言っていました。(この水の気持ちの話を前にしたことがあったので)
や、わたしは楽しんでるよすごく。(オットのポエマー発言も実は楽しみにしている)
独自の感じ方があってそれを言葉で表現できるってすてきです。大事にしてね。



話がそれましたが、そんなわけで1日のんびり過ごすことになった1号。
午前中、しばらく気持ち悪いと言ってましたがずいぶん落ち着いたようなので、
本でも読んだら?と最近我が家でブームな『五体不満足』を渡しました。
2号が授業で障がいについて話し合っている関係で、
昔買ったこの本をひっぱり出してきていたのですが、これがなかなか好評で、
2号が読んだあと、1号が一生懸命読んでいたのです。

でもわりとすぐ「おもしろかったー」と読み終わったので、
その後は給食の白衣にアイロンがけしてもらいました。(すっかり忘れてた)
以前少し教えたっきりだったのでうまくできるかなーと思っていたけど、案外上手にできてびっくり。
家庭科でやってるのかなとも思ったけど、やっぱり成長してるのね。


で、その後は4号と一緒にブロック遊び。
できあがったおうちを持ってきて「これ写真とってー」というのでパシャリ。
手前にあるのはポストだそうで、消防車の部品だったところを使って3号が作ったのだそう。
へーすごいね、と言ってふたを開けると、

f0021294_9402726.jpg


ちゃんとお手紙が入ってました。
ちぎった紙にまるみっつ。4号のお手紙です。ふふふ。






[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-02-08 09:51 | こども
【手をかける】
f0021294_18572518.jpg


この前の卒団式でいろいろ思うところがありまして。

いちばん思ったのは、みんなすごく子どもにきちんと手をかけてあげてるんだな、ということでした。


我が家は5年、3年、1年、3歳の4人の子どもがいます。
もう上の子たちもそれなりに大きくなってきたので、
子どもたちだけである程度ほったらかしにしてもそれなりにやってくれるようになり、
もうすっかり子供任せみたいなところがあります。

もちろん衣食住については不足なくさせているつもりだし、
ネグレクトではないと思っているけど、ちょっと不安になっちゃいました。

というのも卒団生のみんなのあいさつで、みんな両親への感謝の気持ちを伝えていたのですが、
「ずっと病気だったのにおいしいお弁当作ったりお洗濯してくれてありがとう」
「お父さんが大変だった時もいつも練習や試合見に来てくれてありがとう」
「練習終わった後にもキャッチボールしてくれてありがとう」
こんな風に、みんなほぼ例外なく言っていました。

聞いていて、「うわーわたしはこうやって感謝されるようなことできてるんだろうか!」
とかなり心配になりました。
だってユニフォームだって1号に自分で洗濯、干すまでやらせてるし、
(1着しかないから連日練習の時は夜帰ってすぐ洗わないといけないのです)
お弁当だって「あんまり食べられない」っていうからたいした量作ってないし、
練習も試合も、いつも見に行ったりなんてとってもできてない。
練習後のキャッチボールなんてやったこともない。

その上、夜の練習の当番が入ったり、お茶当番が入った時、会議が入った時、
最近は子どもたちだけでお留守番させてしまっています。
オットはまずいないし、お金を出して預けるのも限界があって。
1号から4号までの4人でお留守番の時もあれば、1号が練習で2号から4号まで3人のお留守番の時もありますが、
2時間くらいのお留守番は最近ざらです。

っていろいろ考えると、「わたしってもしやひどい親ー!?」とドキドキします…。

ある程度仕方ないことだし、子どもたちも「いいよー!」と快くお留守番してくれていますが、
(4号も、私がいなくても大丈夫になってくれました)時々ぐっと心配になります。
今のところ何も心配なことは起こってないし、みんなでちゃんと4号の面倒も見てくれてる。
いつかはこうやってお留守番くらいできるようにならないといけないとは思うんだけど。
(でも逆にこういう時兄弟が多くてよかったなとも思います)
1号の野球のことも、わたしはほんと最低限のことしかやってあげてないんだなあと反省です。
かといって無理していろいろやっても続かないし、うーん。

でもほんとにうちのチームの監督はとても一生懸命で、
ボランティアだというのにものすごくよくしてくださるのです。
土日は朝から夕まで1日、平日は毎日基本18時半から20時半まで小屋での練習、
選手によっては別メニューでその前18時から18時半までピッチング練習、
またさらにバッティングマシーンでの練習が16時くらいから1時間ある選手もいます。
これすべてに付き合ってくれているのです。
指導はきびしくて有名な監督だけど、ほんとうに頭が下がります。
そういうのに気付くと、やっぱり親としてもがんばらないといけないなと思うのですが。


小屋練習の当番、お茶当番など、毎週何かしら入ってきました。
あと1年、悔いのないようにがんばらせてあげたいので、
無理のない範囲で私ももう少しがんばりたいなと思います。よっしゃ気合いだ。
(でもそうすると下3人にもがんばってもらうことが増えちゃうんだけど)

今年の目標をこの前みんなで決めていたのですが、
「県大会で1つでも勝つために市内は負けなし!」
というすごい目標を立てていました。
それを実現させてあげるためにも、私もがんばらないと。


すっかりひとりごとな上、自己完結ですみませんー。


写真は全然関係ないけど、お気に入りの手ぬぐいです。
上のはオットがどこからか頂いてきたもの。
あともうひとつ、こんなのも。

f0021294_19222416.jpg


写真イマイチですがこちらはかまわぬのもの。オットセレクトです。
水芭蕉だと思うんだけど、ちょっとかわいらしくて色合いも好きです。
普段はそれぞれ、アイロンにかけたりカメラが入った木箱にかけたりしています。




[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-01-28 19:45 | こども
【捨てられないもの】
f0021294_8164659.jpg


少し前から、また『捨て期』がやってきました。

断捨離の本なども去年からちょこちょこ読んでいるのですが、
ここにきてじわじわとその効果が現れているのか、
年が明けてから今日までで45Lごみ袋で15袋くらい処分しました。

使えそう、じゃなくて使うか使わないか、で判断するというのは 
なるほど、と思う基準です。
何年も着てない服や、ずっと読んでない本など、
ストッパーが外れたみたいに思いきれるのでザクザクと処分しています。
いやー気持ちいいです。
(それでもまだまだ物だらけだなと思うのですが。どんだけ溜めこんでたんだろうほんとに)
わたしの捨て期は不定期にやってくるのですが、
その都度けっこうな量を捨てているはずなのになと思いながらも、
こうやって少しずつでも不要なものがそぎ落とされていったらいいなと思います。


でもどうしても捨てられないものもあります。

使えるものでもないし、使わないものなんだけど、どうしても捨てられない。
この写真のもの、なんだかわかりますか?

確か3年前くらいに1号がくれた、母の日のカーネーションです。

1号、2号、3号で子ども部屋にこもって何かしてるなーと思ったら、
それぞれでお花を作って持ってきてくれました。
でも1号の分の赤い折り紙がなくなってしまったとかで、
1号は、白い紙を色鉛筆で一生懸命塗ってその紙でお花を作ってくれたのだそうです。

白い紙を、あの細い色鉛筆でとにかく必死に塗ってくれたんだと思うと、
もうなんとも言えない気持ちでした。
いったいどれくらい時間かかったんだろう。

おせじにもきれいとは言えない塗り方だし、
花の形も、丸めたんだかなんだかわからないような出来栄え。

「なんかあんまりうまくいかなかったんだけど」
と言って恥ずかしそうに持ってきてくれた1号。

その一生懸命さと1号の気持ちを思うと、どうしても捨てられないのです。

きっとずっと取っておくのかなと思ったりしています。


ひとつくらいこういうのあっても、いいよね。
と自己暗示をかけつつ、今日もお片付けしようと思います。





[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-01-14 08:35 | こども
【ぐりとぐらのふかふかケーキ】
f0021294_9485661.jpg


実は1号、寒くなったころからかかとが痛いと言っておりまして。
成長痛かとしばらくそのままにしていたのですが、
それが悪かったのか走る時などにピョコピョコと走るようになってしまいました。

かかりつけの接骨院さん
(わたしの歩けなかった足首の捻挫を5分で歩けるようにしてくれた名医さんです)
へ行って相談すると、アキレス腱の周辺が炎症を起こしているとのこと。
年末からしばらく野球を休んでいました。


で、この3連休つまらなかったらしく、ひさしぶりに1号の「何か作りたい~」がでました。
家にある材料で自分にもできるようなもの、と本をあちこちめくり、
見つけたのが「ぐりとぐらのケーキ」。

えーと、なんて言いながらもわりとささっと、手助けなしでちゃんと作れました。
あ、でも最後ひっくり返すところだけ私がやりましたが。
28cmのフライパンでドカンと作って、ばふっとひっくり返すとふんわりなケーキができました。

ふかふかで素朴な甘さで、とってもおいしかったです。
2号、3号、4号も、「ぐりとぐらのー!?」と大喜び。やっぱりうれしいよね。
1号もずいぶんできるようになったなあ。

でもクルールさんのサツキちゃんのお料理上手な様子にはいつもびっくりしています。
1歳しか違わないはずなのに、育て方が違うとこうも違うものか…。



あ、1号の足は昨日の診察でやっとOKがでまして、
今日の小屋練習から完全に練習参加できるようになりました。あーよかった。
そして野球は卒団式が間近で、5年生の父兄はその準備に追われています。
去年は出ていないので正直ちんぷんかんぷんですが(つまりほとんど役に立っていない…)、
がんばりますー。






[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-01-12 10:06 | こども
【小学生向け無料ドリル+英語動画】
f0021294_728385.jpg


冬休み前に見つけたものなんですが、
小学生向けのドリルでなかなかいいものがありましたのでご紹介です。

小学生のための無料ドリル 出来杉くん
http://dorilu.net/

これ名前も秀逸ですけど、中身もその名の通りかなりの出来かと思われます。
有名なのかなあ?


このサイトは、(以下サイト紹介文より抜粋)
算数・国語・社会・英語の問題集プリントを印刷できる小学生のための無料ドリル作成サイトで、
計算ドリルや文章問題の数値はランダム.しかも難易度を出題者が細かく調整できます。
苦手な問題を繰り返し自分(お子さま)のペースにあわせて何度でもできます。


というわけで、試しにちょっと見てみるとおもしろい。
印刷するときれいにA4におさまらないのが多少難点ですが、
でもドリルを作成するときにかなり細かく難易度や数字の範囲などを設定できるし、
種類もかなり豊富です。小学生の6年間、かなり網羅しているのではと思います。特に算数。
算数については、学年別にまとめ的ドリルもあるので、
子どもの苦手なところをチェックするのにもいいし、
長期休みにこれで勉強するのもいいと思います。

何がいいって、表示させるたびに数値がランダムに変わり、
答えもちゃんと下にまとめて表示されるので採点も楽で何度でも使える点ですね。
苦手な分野を何度も繰り返し、しかも違う問題でチャレンジできます。

とりあえず、算数が苦手な我が家の2号(小3)に使わせています。


他の教科もあります。
ひらがなの練習、漢字の練習、地図のドリル、アルファベットの練習、
それからスケジュールや原稿用紙のテンプレートなどもあります。
びっくりしたのが算数のドリルのページにはストップウォッチがあること。
いたれりつくせりです!

ちょっと何かやらせてみようかな、って時はかなりお役立ちなのではと思います。



それから勉強つながりということで英語の動画もついでに。




この動画、日本語訳がないのですが、それでも1度聞けばだいたい理解できます。
いろんなidiomを100個教えてくれるシリーズなのですが、
そのidiom以外の先生の言葉もおもしろいしわかりやすい。
別に発音練習しましょうというのではないので、ただただ集中して聞いています。
最初はわからなかったidiomが、最後にはなんとなく理解できるようになるのが快感です。
先生の発音も聞き取りやすいです。
正直このidiomがほんとに日常に役立つものなのかわからないんだけど、
生きた英語的な雰囲気を味わえるのでどちらかというとそっちを楽しんでいます。
まるっきりわからないのではやる気も出ないけど、
ちょっとがんばればわかる、という背伸び具合が勉強する時の重要ポイントではと思っているので、
この動画は今の私のレベル的にちょうど良い気がしています。

とりあえず、ひとつを何度も聞いていますが、
100個全部制覇できたらなかなかすごいのではー!と勝手に目標にしています。


新年から私も英語をはじめましたという方がいて、
なんだかうれしくて心強かったです。一緒にがんばりましょうねー◎


それと今日の写真は、夜の東名高速です。
何となく撮ったけど、140kmとか出してなくてよかったーと今思いました。
(いやそんなに出すことないですけども)
運転はオットですもちろん。
あー違った写ってるのタコメーターですねこれ。

今年の写真いいですねーとほめていただいてうれしかったです!
またいろいろ撮りたいなーと単純なわたしです。
朝日新聞の特集「GLOBE・写真は死んでいくのか」もおもしろかった。
名だたる写真家さんはやはりどこか違うー。






[PR]
Top▲ | by onon37 | 2011-01-11 08:06 | こども
【野球が楽しくなってきました】
f0021294_19373182.jpg


入る時、いろいろ悩んでやっと入った1号のスポーツ少年団。
最近、私もずいぶん楽しめるようになってきました。

一時期、他のお母さんたちとどういう風にやっていけばいいのか、
どれくらい参加していけばいいのか、
なんだかいろんなことを悩んでいたんだけど、それも自然と解決してきた気がします。

もう6年生は卒団が近いので、今は5年生に引き継ぎをしているところです。
今日も練習試合があって、1日お茶当番の引き継ぎをしてもらってきました。
6年生のお母さんたちとずいぶんいろいろ話ができてとっても楽しかったし、
いろんなこともわかってきたし、
それからわからないことは「これはなんですか?」ときちんと聞けるようになりました。
前はなんとなく、遠慮とというか、こんなこと聞くの恥ずかしいなと思うところがあって
なかなか聞けなくてまたわからないまま、という悪循環だったのです。お恥ずかしくも。

今日は1日中ほとんど立っていたし、お茶を配ったりお弁当を買いに行ったり、
簡単なスコアを書いたりで緊張したし足も疲れて今ぐったりだけど、
でもとても気持ちいい疲れで、あー楽しかったなー、と思える1日でした。
そう思えることがうれしい。

1号もずいぶん上達してきて、
他のお父さんたちにも「体力ついてきたし、ずいぶん変わったね!」と言われるようになりました。
今日は2ベースヒットを打って、その後の打者のおかげでホームに帰ってこれました。
打った瞬間「おおおー!!!!」と思わず声が出て、
抜けた瞬間「やったー!!!!」と叫んでしまいました。ほんとうれしい。

ほんとは、玉拾いを「めんどくさい」と言っちゃったりしていてそのことでかなりもめたりもしたんだけど、
ホントにやりたいと思ってるなら、真剣にがんばってやろうよ!と話しました。

野球に入る時、不安で心配でいろいろ書きましたが、
その時たくさんの方に励ましていただいたり共感していただいたりしてほんとうにホッとしました。
その後なんとかがんばっています。私も楽しめるようになってきたことがとてもうれしいです。
「きっと、やってよかったなーと思えると思うよ!」と本当にどなたも言ってくださっていたんだけど、
一時期「そんな風に思えるのかな・・・」と心配していたのがうそのように、
今は、やってよかったときっと思うんだろうなと思えています。
心配してくださったみなさん、ありがとうございます^^


+++

若いって、の話、思いがけず楽しんでもらえてよかったです◎
楽しそうな空気感が伝わったのかなとうれしいです。
あの頃って、やっぱり特別ですね!





[PR]
Top▲ | by onon37 | 2010-12-11 19:57 | こども
【おかしゃん】
f0021294_1145835.jpg


えーとすごくどうでもいい話です。すみません。


我が家は、お父さんお母さんと呼ばせています。
が、それぞれ小さい時はやっぱりママが言いやすいらしいので、
それはそれで特に直さず言わせています。

4号も、ずっとママと呼んでいたのですが(でもなぜかオットはおとーしゃん)、
ここ最近勝手に「おかあさん」になってきました。
あらさみしい、と思いつつはいはいと返事していますが、
この呼び方がちょっとおもしろかったので覚書き。

最初はマンマ、ママ、マー、などだったのですが、
今はおかーしゃん、おかしゃん、くしゃん、くしょん、などです。


おかしゃんって。
岡さんという知り合いがいるのでつい顔が浮かぶのよ。

くしゃんって。
くしゃみしてるんじゃないんだから。

くしょんって。
韓国の方じゃないんだから。


といつも突っ込みながら返事しています。
くしょん、くしゃんは、「おかしゃん」を急いで言う時そうなるみたいです。
ママのころも、早くしゃべろうとすると「マー」になってて、
「ママとすら呼ばれてない・・・」と一瞬へこんだりしました。

とはいえかわいいので許す。


そういえば今思い出しましたが、
子どもが小さいころ、階段を一緒に登る時っていっしょに「よいしょ、よいしょ」って
声掛けながら登ったりしませんか?
しかもだんだん「よいちょ」とかになったりして。

そのせいかと思うのですが、子どもがいない時でも「よいちょ」とかつい言っちゃう時があって。

オットはいつだったか、試着室で着替えてる時につい

よいちょっ

と声に出してしまい、直後に「うぁ!」と焦って「ぅごほん!えほん!」と
妙な咳払いをしてごまかしたそうです(ごまかせたのか)。
出る時はずかしかったそうなー。
いやそれは店員さんと顔合わせづらいね。(聞かれてたかどうかはわかりませんが)

というのは余談ですが、余談ついでにもうひとつ。

我が家の4兄弟、それぞれ名前で呼ばせてるのです。
お兄ちゃんお姉ちゃんとかじゃなくて。
それは1号に昔「なんて呼ばれたい?」と聞いたら
「おにいちゃんじゃなくて名前がいい」といったので、なのですが。
他のお母さんには「兄姉を名前で呼ばせるのはぜったいやめようと思ったの!」という方も結構いて、
あれっそうなのーと思ったのです。
「そこはね、やっぱりちゃんとしないとね!」とのことだったのですが。

名前で呼ぶのって友達感覚っぽくて好きなのですが
(ちなみに夫婦も名前で呼びます)、
ぜったいだめ、って方もやっぱりいるんですね。そうかー。

すっかりひとりごとですね、すみません~へへへ。




[PR]
Top▲ | by onon37 | 2010-09-23 12:05 | こども
【我が家のトイトレ×4+布おむつのこと】
f0021294_6215635.jpg


ずいぶん前に、トイレトレーニングの話を聞かせてください、
とコメントいただいていました。
今頃になってしまいましたが(ごめんなさい!)、ちょこっと書いてみようと思います。

えーと、我が家は1号から3号までは紙おむつ、
4号は4人目にして布おむつ初挑戦でした。

結果的には、布おむつ、よかったです。
まあ4人目ということで私の余裕度合いも違うだろうとは思いますが、
4号はほぼ何もせずにおむつが取れました。
1号のころ、んもう毎日イライラして苦労した思い出を思うと、
ほんと拍子抜けなくらいです。
(それが布おむつのおかげかはわかりませんが)

1号は初めての子どもということもあって、苦労したなーという感じです。
何度も何度も連れて行ってしばらくお付き合いしては「でないー」、
がっかりして下ろすととたんに「でちゃったー」の繰り返し。
その間に2号がぐずって泣き出してうわあーなんて。
結局昼OKになったのは2ヶ月くらいかかったかもしれません。

何をして出来るようになったかというのは・・・特にないのですが、
とにかく根気よく付き合った、ということでしょうか。
かなりイライラしながらでしたが、「できたらシール」もやりましたし、
便器に貼っておしっこがかかると絵が浮き出るというグッズも試しました。
でもそれはそんなにすごく役に立ったわけでもなかった気がします。
結局やっぱり、できたらほめる、だったかなあ。とにかく大げさに。

そして実は(彼の名誉のためあまり大きな声では言えませんが)、
夜のおむつが取れたのは小学1年生の夏休みなんです。
昼間はもちろん取れていましたが、夜どうしても失敗してしまっていて。
2号、3号の方が先に昼夜取れちゃったりして、1号もかわいそうでした。

遅れた原因はよくわからないけど、
男の子の方がおむつはずれが遅いという話もあります。
それから1年生くらいなら、夜取れていないという子も近くに何人かいました。
私とオットの間では、「やっぱり愛情不足ってことなのかなあ・・・」と
かなり落ち込んだりもしましたが、それはどうなのかわかりません。
3人兄弟(当時)のいちばん上ということで、がまんはさせていたと思いますが。
何かにつけプレッシャーをあたえていたのかな、と反省しています。
私自身も、実家が遠い、まだ引っ越してきて間もない(友だちがいない)、
オットが忙しくてあまり家にいなかった、などなどでかなりストレスがたまっていた時期でした。

2号と3号は、まあごく普通の苦労具合というか、
1号が大変だったのでそう大変とは思わなかった気がします。
こちらもだいぶ気楽にかまえられたと思いますし。
1週間か2週間か、1ヶ月くらい?かかったかな。
でもこちらは昼が取れたら夜もほぼ同時に取れました。
やっぱり、下になるにつれて楽に取れる気がします。

そして4号です。

ほんっとこの人は楽でした。びっくりです。
布おむつがよかったのかはわかりません。
(布おむつは1歳3ヶ月くらいまで使っていて、その後3歳直前まで紙おむつでした
 ←おしっこの量が増えておさまりきらなくなったので変更しました)
7月生まれということもあって
「3歳過ぎちゃっても、入園までに取れればいいかなー」くらいの本当にのんきな気持ちで、
トイレに関してはほぼ放置していたのですが、
3歳のお誕生日直前になって、いきなり自分から「ままーおしっこでるー」と言い出しました。
えー!とトイレに連れていくと、見事に出まして。
そう言い始めてから3日目くらいで完全に取れました。
昼夜、大小問わずです(笑)
その間失敗したのは数えるくらい。
なのでほんとに私はほぼノータッチです。
私から働きかけしなかったのです。

布おむつで「気持ち悪い」という感覚をどこか覚えていたのかもしれませんが、
ほんとのところはよくわかりません。
でもあまり、お母さんが気負わない方がいいのかなーとは思います。
いまだに彼は昼夜問わず失敗なし、しかもとても間隔が長いので遠出もOKです。

というわけで布おむつ、私はおすすめです。
ごみが減って気分がいいし、おむつはずれも早い(かも)、
汚しても洗えばいいや、とわりと気楽ですし(紙おむつだとなんとなくもったいない)、
たくさん布おむつを洗って干した時の達成感もなかなかよろしい。ふふふ。
おむつライナーをおむつの上に乗せてつければ、
トイレに流すのも簡単で洗うのも楽です。
汚れたらバケツに漬け置きしておき、まとめて次の日洗濯機にいれるだけ、
というだらだら布おむつでしたが問題なかったです。
私はほとんど使わなかったというお友達から40枚くらいもらって使っていました。

うーん・・・、トイレトレーニングの話としてはあまり参考にならないですね・・・ごめんなさい!
まあ、取れるのが遅くてもなんとかなります!ということです。
小学生でも夜おむつして寝てる子、実はけっこういるみたいですよ。
でもきっといちばんいいのは、ほんとよく言うことですが、
やっぱりお母さんがイライラしないことかなーと思ったりします。
これが難しいんですけどねー!

でも、排泄と本人の精神状態は(子どもの場合)かなり密接に関係しているのかなと思います。
うちの子たちだけかもしれませんが、
2号(3年)はいまだに、ひどく叱られて泣いたりしているとトイレに行きたくなっちゃいますし、
3号(1年)も、いろいろ叱られるのが続くと軽く失敗したり(下着にちょこっとついちゃったり)しています。
4号がとても順調にいったのは、
私と4号の関係がうまくいっていることの表れなのかな、と思ったり。
そう思うと上の3人に申し訳ないなと思いますが・・・。
精神状態というか、(愛情不足とは思いませんが)親との関わり方の不具合などが
現れやすいのかなと思ったりします。
だからこういう症状?が出ると、ああ今まずいのかなーと反省したりします、
ほんとにお恥ずかしい話ですが。
うーんわかりにくくてすみません。
(もちろんおむつが取れない原因がこれのみ、というわけではないですよ、
 お子さんの資質?体質?的なものもあるかもしれないですし)

でもだから、焦らなくてもいいや別に!とある意味開き直ってしまうのがいいのかもしれません。
ああもう1週間たつのに、もう1カ月たつのに全然できてない!
なんて思うとまたイライラもつのるので、
まーいつか取れれば、くらいで気合入れすぎずにいると案外成功した気がします。
1号の夜ができるようになったのも、
「気にしない気にしない、おだやかにおだやかに」
と呪文を唱えていたら、だったと思うんです。いえほんとに。

そう思うと、母親と子どもの精神的な関わり合い(つながり?)って、
不思議かつ、とても濃いものなんだなあと思います。
ていうか、立派な子育てしてるとはとっても全然全く言えない私が
えらそうにこんなこと書いてるのもなんだか申し訳ないのですが・・・ほんとすみませんっ。

トイレトレーニングでご苦労されてるお母さん、のんびりいってみましょう!ぜひ!
気にしない気にしない、です!^^


ご意見・ご感想などありましたら、コメントいただけるとうれしいです!^^

[PR]
Top▲ | by onon37 | 2010-09-12 01:07 | こども
| ページトップ |