Top

ONといいます。毎日いろいろ。
by onon37
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
はじめまして
災害対策
マイニチ
ハンドメイド・おとな
ハンドメイド・こども
ハンドメイド・その他
手作りをはじめたい方に
カメラ
こども
せっけん・コスメ

ガーデニング
好きなもの
おやつ
布ナプ
北海道旅行
卵巣
マタニティダイアリー
twitter
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 06月
2011年 05月
more...
お気に入りブログ
Reikapi 日記
カメラ日和編集部日記 “...
another polk...
なんちゃってBackPa...
*panda no jam*
my memo*
day by day。
そらまめ
tick-tack
ハリコビト ヌノコイビト
PONTA*Diary
growing
joli faire
bonheur-voile
buncafe
心模様
rollのまめつぶ
ca-cha+α ~Co...
au soleil -ソ...
徒然うさぎ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
震災7日間 を読む


震災7日間、というマンガがありました。

槻月沙江さんという仙台在住の漫画家さんが描かれたものです。
余震が続いていてペン入れができなかった、という下描きの状態ですが、
震災の様子ももちろんながら、大地震にあった時の対処法なども細かく描かれていてなるほど、と思いました。

家の中で安全な場所を確認しておく(トイレがかなり安全)、
水が止まった時のトイレの使い方(使用済みの紙は袋へ、大の時だけ1日1回流す)、
揺れがおさまっても外に出て近所の人と話したりしない(気力体力温存、混乱を避ける)、
破片などが散乱している場合ダンボールをひいて玄関への足場を確保、などなど。

とても参考になります。ぜひご一読を!


震災7日間
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=17905695



+

それから最近あちこちで「地震予測」をする方をお見かけします。
眉唾だなーと思われる方もいますが、ん、これは?とついチェックしてしまう方も何人か。

信じる信じないは各自のご判断にお任せしますが、ちょっとご紹介してみます。


地震予知になってるかな~?

不思議生活

イオンの不思議生活 new


以上はブログです。
ツイッターでも、@ino61さんの弟さんが地震を体感する、とのことでそれに関するツイートをされています。

どの方も、「体感する」という言い方をされています。
すごく不思議で興味深いです。
耳鳴りがするとか、ざわざわするとか、そんな感じ。

もちろん「何日の何時にあそこに震度いくつの地震が来る」のような細かな予測ではありませんが、
この4人の方のを合わせて読んでいると、わりと符合することがある気がするのでついチェックしています。

不安材料にしてはいけないなと思うので、
こういう人もいるのね、とか、データの符合性をチェックするとか、
そんな感じで見るといいかもです。


+

夫に、いろいろ気になっている原発の話を少し詳しく聞きました。

浜岡原発を今停めることはできるのか、停めたらその後どう処理をしていくのか、危険性はどうか、
などなど。
少しわかった気がします。
でもまたもう少し聞いてみます。ちゃんとわかっておきたいので。
(念のため、夫は保安院とか東電とかの関係者ではありません~)






拍手(下のボタンをクリック)いただけるととても励みになります。
またコメントもこちらからできます。なにかありましたらぜひどうぞ。(各記事にも1つずつついています)
*携帯からだとボタンが「外部リンク」と表示され、画像が見えない場合があるようですが、機能はしています。
押すと「web拍手ありがとうございます」のページへ移動し、引き続きコメントができます。






f0021294_14555567.jpg

http://www.ideaforlife.jp/

[PR]
Top▲ | # by onon37 | 2011-04-20 19:47 | 災害対策
笑ってはいけない
ツイッターのアカウントで@wwwwww_botっていうのがあるんですが、
あちこちでつぼってかなり笑って誰かに聞いて欲しかったので聞いてください。



・ストレッチマン「どうだ~、筋肉痛になってきただろう~」

・信じてもらえないかもしれないがさっき昼飯にギョウザ食ってたら
「さよなら天さん。どうか死なないで」って言い残してギョウザが爆発した

・小学校の時に中国から交流留学生がやって来て、学級新聞に「ようこそ、許さん」って書かれてたのを思い出した。

・「パトラッシュ!新しい顔よ!!」

・コンビニで弁当を買ったら店員に「あたためますな?」と言われたんだ 動揺しつつも「さようでござる。」と答えた。

・おまえら、だまされたと思って「こんとんじょのいこ」って言ってみろ えなりかずきが「簡単じゃないか」って言ってるように聞こえる


最後のえなりくんとか、かなりあと引きました。こんとんじょのいこ…。






拍手(下のボタンをクリック)いただけるととても励みになります。
またコメントもこちらからできます。なにかありましたらぜひどうぞ。(各記事にも1つずつついています)
*携帯からだとボタンが「外部リンク」と表示され、画像が見えない場合があるようですが、機能はしています。
押すと「web拍手ありがとうございます」のページへ移動し、引き続きコメントができます。






f0021294_14555567.jpg

http://www.ideaforlife.jp/

[PR]
Top▲ | # by onon37 | 2011-04-18 21:03 | マイニチ
仙台空港ARIGATOの経緯


4月3日、仙台空港の近くに松の木などで「ARIGATO」と書かれているのが見つかり、
支援してくれた米軍宛のものと話題になっていました。



浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」
http://www.asahi.com/international/update/0416/TKY201104160405.html?ref=reca



写真も見ましたが、きっと被災された方が何人もで作ったんだろうなと思っていました。

その経緯が、ARIGATOを作った本人のmixi日記に書かれていたそうで、
拡散されていたものを読んだのですがちょっと感動しました。


ある名取市の方が、仙台空港の米軍の方々に、手紙ときれいだった頃の仙台空港の写真を届けに行き、
その帰りにあのARIGATOを書いていったのだそうです。


拝啓「トモダチ作戦」に参加されている合衆国軍全将兵の皆様。
http://kuenishi.tumblr.com/post/4682767725


そしてこのメッセージはちゃんと米軍に届き、
合支援部隊統合特殊作戦隊司令官ロバート P. トス米空軍大佐より、
"Thank You" is not necessary
つまり「ARIGATOには及びません」とのメッセージが送られてきたそうです。



ひとりで米軍のところに行って手紙を渡すのもすごいし、
ひとりであれを作ったのもすごいと思う。
それだけうれしかったんだなあ。

通じてほんとに良かった。




拍手(下のボタンをクリック)いただけるととても励みになります。
またコメントもこちらからできます。なにかありましたらぜひどうぞ。(各記事にも1つずつついています)
*携帯からだとボタンが「外部リンク」と表示され、画像が見えない場合があるようですが、機能はしています。
押すと「web拍手ありがとうございます」のページへ移動し、引き続きコメントができます。






f0021294_14555567.jpg

http://www.ideaforlife.jp/

[PR]
Top▲ | # by onon37 | 2011-04-18 20:03 | 災害対策
香りも伝えたい
f0021294_1538589.jpg


近所の農産物直売所で、お花も直売しています。
ときどきのぞくと掘り出し物があるんだけど、
この前行ったらこんなバラがありました。

f0021294_15411753.jpg


そしてこのバラ、どちらもびっくりするくらいいい香りなのです。
まさにエッセンシャルオイルのあの香り。

よく「バラの香りはすばらしい」って聞いていたけど、
実は今までそうも思ってなかったのです。
でもこのバラはほんとにすばらしい香り。写真で香りも伝わればいいのに。
種類によるんだろうとは思ってたけど、こんなに違うとは思わなかった。


f0021294_15445243.jpg


この前の雨の日も、なんとなく華やかでした。

雨の日の、窓でパタパタいう音も大好きだけど。




ツイッター、なんてことなくフォローした新聞社のアカウントにリフォローされたのでびっくりして、
じゃあもうオープンでいいやと「こっそりツイート」をやめてみたんだけど(たぶん機械的なリフォローなんだけど)、
少しずつつぶやくのも慣れて来ました。
人格違う!と思われるかもですが、どちらもわたしです。

フォローいただいた方全員にリフォローしているわけではなく、
コメントなどで今まで関わりがあった方やもともとの知り合いの方にはリフォローという感じです。
フォローしました~とメッセージいただければリフォローするつもりですが^^

天才じゃないかこの人と思うようなツイートされる方とか、
震災のリアルをつぶやいてくださってる方とかいろいろ見つけておもしろくなってきました。
楽しもうと思います。




拍手(下のボタンをクリック)いただけるととても励みになります。
またコメントもこちらからできます。なにかありましたらぜひどうぞ。(各記事にも1つずつついています)
*携帯からだとボタンが「外部リンク」と表示され、画像が見えない場合があるようですが、機能はしています。
押すと「web拍手ありがとうございます」のページへ移動し、引き続きコメントができます。






f0021294_14555567.jpg

http://www.ideaforlife.jp/

[PR]
Top▲ | # by onon37 | 2011-04-17 17:10 | カメラ
『放射能はうつるのか?』 -team nakagawa


福島への風評被害というか、
福島から来た子供達へのいじめがあったり偏見を持たれている場合があるとニュースになっていました。
いかにもありそうな話だなとは思います。

でも放射線はうつったりするものじゃないし、
福島から来たからといって何か特別なわけじゃないと思う。
(もちろん被災されたという意味では特別かもしれないけど、
特別扱いされることをその人たちが望んでいるかというと必ずしもそうではないんじゃないかと思うので)

と思っていたら、非常にタイムリーなteam nakagawaのブログ記事がアップされていました。


以下転載----------------------------------------------------------------------------------------------

『放射能はうつるのか?』


福島県から避難してきた子供たちが、避難先で偏見を持たれるケースが生じています。一時帰宅された方の受け入れを、避難所などで問題にするケースもあるようです。拒否された方々は、深い心の傷を負うことでしょう。また、心ない言葉をかけた方々のことを想像すると、その人々が、よくわからない放射能の不安から、過剰な反応をしてしまうことも理解できます。

放射線や放射性物質は目で見ることができず、一見影響も全く見えません。このことが不安を大きくしてしまう原因の一つであると思います。そして、放射能への偏見や風評が広がることが被災地の復興・復旧に大きな影響を及ぼします。今私たち(特に大人)は、放射線を“正しく”怖がることが必要です。

私たちteam_nakagawaは、放射線治療のチームです。患者さんに治療として与える放射線は、福島第一原発敷地内で観測されている放射線よりも何倍も強力です。ですが、患者さんの体の外から放射線を与える(照射する)場合、治療後に患者さんにいくら近づいても、私たちやご家族などが被ばくすることは決してありません。

また、放射線の照射以外にも、放射線治療や診断では、さまざまな放射性物質を患者さんに投与しています。今回の原発事故で話題となった放射性ヨウ素131も、甲状腺がんやバセドウ病の治療として患者さんに内服してもらうことがあります。これは言わば“内部被ばく”です。

放射線治療の“内部被ばく”の量は、今回、それが最も高いと考えられる福島第一原子力発電所作業員の方々の内部被ばくよりも桁違いに大きいと考えられます(甲状腺がん治療で1回最大3,700,000,000 Bq(ベクレル)。これは飲料水1kgの暫定規制値300 Bqの1千万倍です。)。その場合でも、投与直後(注1)を除き、私たち治療チームが、患者さんに尽きっきりで世話をすることに全く問題が生じません。
注1: 患者さんは、放射性ヨウ素131を内服後、別部屋に居てもらいます。患者さんの体表面から1メートルの地点で測定された線量率が、1時間あたり30 μSv(マイクロシーベルト)以下であれば、退出・帰宅が認められます。バセドウ病の患者さんで即日、甲状腺がんの患者さんで3日程度です。

避難区域に長く滞在していたとしても、現在の内部被ばく量は、放射線治療に比べれば本当に“微々たるもの”です。それによって、周囲の方々が被ばくするようなことなど、決してないことがお分かりになると思います。(もちろん、避難されている方々の放射線による健康被害を考える必要はない、などと私たちが主張しているのではありません。)

環境放射線測定データを見る限り、3月15日以降、大規模な放射性物質の放出はありません。放射線の強さは各地で横ばいか減少傾向にあります。

原発から飛散した放射性物質は、自然に、もしくは雨によって地面に落ちてきます。今、測定されている放射線は、ほとんど地面や草木、壁にくっついた放射性物質から放たれています。一方、大気中の放射性物質は、ほとんど気にする必要がないくらい少なくなりました。

したがって今観測されているデータに基づけば、避難区域に一時帰宅したくらいでは、その方に放射性物質が大量に付着することは有り得ないことがわかります。一時帰宅された方と接触したからといって、その方から(得体の知れない“放射能”は言うまでもなく)大量の放射性物質を受け取ったりすることもありません。

私たちteam_nakagawaは、放射線治療のチームであるため、今回の事故を医療被ばくと比較しがちです。しかしながら、“医療被ばくとは何が違うのか?”のところでも書きましたが、医療被ばくにはメリットがある一方で、原発事故による被ばくにはメリットがありません。その上、多くの方々を不安にさせ、その心(特に子供たちの心)に深い傷を負わせた今回の福島第一原発事故を、一刻も早く収束させて欲しいと思っています。


以上--------------------------------------------------------------------------------------------------


野菜のことなんかもそうだけど、
きちんと知識を持って偏見を持たずにいることも支援の1つじゃないかなと思います。




拍手(下のボタンをクリック)いただけるととても励みになります。
またコメントもこちらからできます。なにかありましたらぜひどうぞ。(各記事にも1つずつついています)
*携帯からだとボタンが「外部リンク」と表示され、画像が見えない場合があるようですが、機能はしています。
押すと「web拍手ありがとうございます」のページへ移動し、引き続きコメントができます。






f0021294_14555567.jpg

http://www.ideaforlife.jp/

[PR]
Top▲ | # by onon37 | 2011-04-15 22:40 | 災害対策
| ページトップ |